αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

ジャンク品の楽器について考える ~ジャンク品とは何者か~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20170710232622j:plain

ジャンク品の楽器を買っても大丈夫??

 

  リサイクルショップやネットオークションでは「ジャンク品」の楽器が数多く出回っています。

 私は趣味で楽器をしているのですが、演奏技術は別にして、機械類を触る事が好きなので、楽器のリペアも趣味の一つとしてやっています。という事で、今回はリサイクルショップのジャンク品にスポットを当ててみます。

<合わせて読みたい関連記事>

ジャンク品の楽器について(目利き編)

楽器のリペアについて

宅禄に必要な機材紹介

宅禄用おすすめ機材

 

リサイクルショップの楽器は質が悪いのか?

  楽器専門店と比べると「アレッ!?」というものが売られている確率がかなり高いです。 つい先日、リサイクルショップで明らかにネックが反っているのに正常品として売られているギターを見つけました。

 値段は1万円程でしたが、学生が頑張ってバイトをして手にしたものだったら・・・・そう思うといたたまれなくなり店員に聞いてみると・・・やはり、知識はありませんでした。 こういった事があるので、購入の際には、しっかりとした知識が必要となりますが、逆に知識があれば購入先の選択肢が広がります。 

 

ジャンク品をリペアして得できるのか!?

  そもそも論ですが、これは、今のジャンク品は、修理する工程を楽しむ事も含めた料金設定になっています。 ネットでは実店舗より安い分送料がネックになりますし、リサイクルショップでは価格設定が高めになっており、ジャンク品とは、自ら修理して自分で使うか、部品取りとして購入するためのものという位置づけです。

 これに加え、ジャンクとなる楽器は安価なモデル・ブランドのものが多く、リペア技術を持つ人がわざわざ購入し使用するレベルのものではないです。

 リペアできる人が使うわけもないジャンク品を置いておくよりは、修理して利益がでるような価格設定にすれば、リサイクルショップでも回転率が上がると思うんですけどね・・・

www.umetarou.jp

 

 ネットのジャンク品は信頼できるのか!!?

  経験則ですが、以下の文言がある場合は、購入を避けています。   

・素人なので細かいチェックができない   

・代理出品   

・音出しの環境がないため、写真だけで判断   

 

 確率の問題ですが、素人のフリをして不具合を報告しない方や長年放置しており適切なメンテナンスがされていないものが多いように感じます。   

 よって、ネットでジャンク品を購入する場合は、騙されても良い金額か部品取りとして購入するようにしています。

 

 

今回は以上です。

ネットでもリサイクルショップでも良い物はあります。ようは、それを見つける事ができるかどうか、です。一種の宝探しのような楽しさがありますので、ゆっくり見てるのも楽しいですよ。

次回は実店舗で購入する際の注意点について書きますね。

<関連記事>

 

www.umetarou.jp

 

スポンサーリンク