αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

旧型ジムニーの魅力

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20180930105222j:plain

 過去の記事で軽自動車オープンカーのコペン購入について取り扱っていましたが、今回、ジムニーに乗り換えることになりました。

<コラムセレクション>

やりすぎ都市伝説2018最新情報

灰皿活用法!

コペンと子どもと家族と趣味と【購入後】

コペンと子どもと家族と趣味と【購入編】

普通車と軽自動車の維持費比較

地方在住者必見!車2台持ちに必要な年収

庶民だけどオープンカーで四人乗りしたい!

地方在住者必見!車2台持ちに必要な年収

人生がつまらないと思ったら読む記事

見よ!過去最低の給与明細

買替の理由は・・・

やはり家族持ちに二人乗りは不便だった。

乗り換えるなら高く買い取ってもらえるよう早めが良いと考えた。

釣りを始めたのでコペンでは不便になった。(悪路走行ができない。汚れる。釣りの荷物は全て載らない。)

 以上ですが、コペンもかなり気に入っていたので非常に悩みましたが、やはり自分の趣味と家族のことを考えての買い替えとなりました。コペンは、街乗りでは快適極まりなく大変に気に入っていました。小回りが利いて、オープンカーは気持ちいい!

コペン売却

 コペンの売却は、直接買い取りができる店と中古車販売店に下取りに出した場合のパターンを複数社で比較した結果、下取りではなく、中古車買取専門店に直接売った方が高値になることが分かりました。下取りに出した場合、購入割引に下取り金額も含んでしまう店もあるため、要注意です!(割引された購入価格から下取り金額を引き、そこに割引。しかし、結果として下取り車がないほうが、割引額が高かったりすることもある・・・・)

売却情報詳細

年式 平成14年式

距離 11万キロ

状態 特に問題はなく絶好調(無事故)

売価 25万円

ジムニー購入検討

 後ろ髪を引かれる思いでコペンを売ったあとに軽4駆車の購入を検討。 ただし、バリバリの悪路走行をする予定もないし、家族のことも考え、多少の乗り心地は必要だと考えました。必要なのは、釣り場に行くための多少の走破性のみ。ということで、丸っこい形の比較的高年式または四角い古い型式のジムニーに加え新たにパジェロミニも候補に入ってきました。どれも人気車であり、購入にあたり費用対効果は良くないのですが、決定打は「所詮は趣味の車である」ということ。四角い外観が気に入った古い型式のものに決めました。

ジムニー購入

 たまたま歴代のジムニーの中で唯一のコイル車であるJA22ランドベンチャーがありました。コイル式ということで、走破性は他モデルには勝てませんが、その分、街乗り性能はまだマシのようです。ジムニー乗りの中では、クロカン仕様でないこのモデルは不人気車だそうですが・・・しかし、見た目はジムニーの中で一番カッコイイですね。 

 趣味の世界では、人気なんて気にする必要は全くないですので、自分の用途に合ったものを選びましょう!

年式 平成9年式

距離 13万キロ

状態 多少の錆はあるものの、状態は良好

買価 42万円(2年車検、1年保証付き)

今後のカスタム予定

 これからカスタムしていきますが、あくまで安全性と快適性を犠牲にするつもりはありません。具体的にいうとノーマル車高でどこまでカッコよくできるのか!ということと可能な限りDIYで対応していく!というのを当面の目標としていきます。

 カスタムパーツをバリバリつけてカッコいいけど、車検ごとにノーマルパーツを取り付けて・・・というのは面倒だし、経済的にもよろしくありません。第一、万が一、事故を起こした場合のリスクも考える必要がありますので。

スポンサーリンク