αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

乱視対策と光学機器の紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20220112104042j:plain

 エアガンを買うと次に欲しくなるのが光学機器いわゆる「スコープ」です。

 スコープにも種類があり、等倍で中央にレティクル(ドット)があるタイプのものをドットサイト、他にスナイパーが使うようなスコープなど様々です。

 私が人生で初めて購入したスコープは2,000円程度のドットサイトだったのですが、初めて手に取ると2,000円とは思えないようなリアルさで驚きました。慣れている方すると安物っぽさが隠せないのだろうと思いますが、人生で初めて触れた時の衝撃はとても大きかったです。

 ただ、そこで問題となったのが「乱視」であることです。メガネをしなければ中央の点(ドット)が複数に見えて全く狙えませんでした。そこで、著者が行った乱視対策をご紹介します。同じような乱視持ちの方の参考に少しでもなれば嬉しい限りです。

▶サバゲーメインページ

▶︎都市伝説もよろしく

乱視対策①「レティクルの種類を考える」

 そもそも中央に一点だけあるドットが見にくかったのかと思い、ドット以外のレティクル選択ができる光学機器を試してみたところ、少しは改善されました。私の場合は「+」のレティクルだと若干ですが狙いやすくなりました。

 そもそもの話ですが、ドットサイトは両目で対象物を見ながらレティクルを合わせるので、私の場合は遠くの対象物に裸眼の標準を合わせてドットサイトを入れ込むようなイメージで見ると更に見やすくなりました。なので、実戦では出遅れる可能性もあるかと思いますが、乱視であってもコツを掴めば、ある程度は改善できる部分はあるかと思います。

 お座敷シューターの時点で使用していた光学機器は、ホロサイト「Vector Optics Ratchet」を手持ちのMP5に取り付けています。値段はほどほどですが、乱視対策にレティクルの切り替えができるものとして購入しました。

 ゼロイン(照準調整)も十分に可能で取り回しが売りのMP5には合っていると感じており、質感や見た目も良く気に入っています。

乱視対策②「片目で使用できる光学機器」

 乱視とは両目で見ると乱れて見えてしまいますが、片目で見ると奇麗に見えます。光学機器のレティクルが乱れて見えていても、レンズが一つしかないスマホのカメラで撮影すると奇麗に見えるのはそのためです。

 URG-1に取り付ける光学機器を選ぶ際、片目でも違和感なく使えるようにライフル的なスタイルにしたいけど、実益を兼ねて近距離戦でもある程度使えるようにしたいと考えました。そして、片目で使用でき、ドットサイトとライフルスコープの機能を兼ね備えたものがないか探したところ、CQB(視度調整(倍率調整)ができるショートスコープ)にたどり着きました。

 CQBとは、見た目はスコープの形状をしていますが、スコープ自体に倍率を1倍~数倍に調整できるダイヤルが付いている光学機器です。少し高かったですが、使ってみたら全ての問題が解決しました。カラーリングもURG-1に合わせタンカラーにしたので、カッコいいスタイルになり満足です。ただ、やはり実践では 特に近距離の場合はスコープを除く暇などあるはずもなく打ち負けてしまします。そこで、オフセットマウントにドットサイトを取り付けました。

 なお、以下に紹介している著者が購入したCQB機器のアイレリーフ(適切にスコープが使用できる「目と接眼レンズの距離」)は8cm程度で、URG-1のストックを伸ばすとちょうどの距離になります。

 写真は撮り方が悪くぼやけていますが、実際は十字の補助線(黒い線)に加え、ボタン電池式で11段階に調整できる光学ドットが中央に投影されます。

f:id:wumeko:20220112104103j:plain

 ちなみに1万5~6,000円のマグニファイア(ドットサイトと可動式スコープの組み合わせ)のセットも試しましたが、アイレリーフが短く使いにくく、値段の割に精度や質感がイマイチと感じましたのでヤフオクで売ってしまいました・・・

乱視対策③

 最も確実なのは「メガネ」を着用することです。私も最終的にはメガネ対応のゴーグル▶Dye i5ゴーグルレビューを軍拡して全て解決しましたので参考にしてください。より完璧を目指すのであればスポーツ対応の乱視矯正メガネを作るのも良いかもしれません。

▶サバゲーメインページへ戻る