αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

ジャンク品の楽器について考える ~目利き編~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20170710233352j:plain

ジャンク品の楽器って修理できるの??

 

 リサイクルショップやネットオークションでは「ジャンク品」の楽器が数多く出回っています。

 私は趣味で楽器をしているのですが、演奏技術は別にして、機械類を触る事が好きなので、楽器のリペアも趣味の一つとしてやっています。という事で、今回はリサイクルショップのジャンク品にスポットを当ててみます。

 前回、ジャンク品について書きましたが、今回は実店舗で気になるジャンク品があった場合の目利きについて書いていきます。ただし、経験則によるものなので、参考程度にしてください。 

www.umetarou.jp

<合わせて読みたい関連記事>

楽器のリペアについて

宅禄に必要な機材紹介

宅禄用おすすめ機材

楽器のジャンク品ってどうなの??

 

ネックの反りがある場合

 【高級機の場合】

  高級機だとネック調整できる方が使用していたケースが多く、それでも調整できずに売却となっているので・・・高級機でネックが反っている場合は、トラスロッド調整以外の方法でリペアできる技術がある方なら購入の価値はあります。

 

【一般モデルの場合】

  トラスロッドで調整できるかどうかがポイントですが、ロッドカバーが欠品している場合、トラスロッドが見えるタイプのもので回した跡がある場合は、調整ができなかったため売却となっていますので、どんなに魅力的でも諦めた方が良いでしょう。修理費用の方が高くつきます。

 

ピックアップに不具合がある場合

  ピックアップが故障しているエレキものは、修理費の方が高くつくことが圧倒的に多いです。プライスカードにわざわざ「音が出ました」と書いているのはこのためです。

  全く音が出ない場合は、ピックアップの故障というよりジャックが不具合を起こしている事が多く、コントロールノブの裏側の配線カバーに耳をあて、楽器を振って音がしたら断線している可能性もあります。断線程度なら、半田付けだけで修理できるかもしれません。

 

部品が欠品している場合

  ナットやコントロールノブ等の安いものならいいのですが、ペグやブリッジは結構高いので(2,000円以上)、機種によっては正常品を購入した方が安心です。しかし、部品取りとして購入するのであれば問題はないですね。

 

ガリがある場合

  ガリは接点復活剤や簡単な半田付けで修理できてしまいます。

 半田付けグッズは安くで売っていますので、ガリだけなら後学のために修理にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 ちなみに、原因がジャックにない場合は、ポッドを交換することで回復する事が多いです。ポッドは500円あれば買えますので半田グッズがあれば安く済みますね。

 

塗装に不具合(割れやシール)がある場合

  再塗装は素人ではまず無理ですので、状態を見たうえで判断してください。

 私は数回再塗装してみましたが、どうしても素人作業から抜け出すことができませんでした。アイロンや塗装用コンプレッサー等が必要になるため、DIYで再塗装したい場合、道具を揃えるだけで赤字です・・・

 ただシールであればオレンジオイル等で綺麗に取る事ができるので、全く問題ありません。

 

 以上ですが、楽器が好きならリサイクルショップを見て回るのも楽しいですよね。      

 なお、ジャンク品を購入する場合、正常品の価格を調べたうえで判断しましょう。

 修理する工程を楽しむ料金が含まれている場合が多いです。

 でも、まれに掘り出し物があるので巡回しちゃうんですけどね・・・  

 次回は、各修理方法について書いていきます。

<関連記事>

 

www.umetarou.jp

 

www.umetarou.jp

 

 

スポンサーリンク