αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

やりすぎ都市伝説~わかると怖いニュースの裏側~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20171028131908p:plain

 やりすぎ都市伝説で人気のある話を厳選してご初回いたします。今回は、テレビを何気なく見ていては気づかない、分かると怖い「言い回し」に関する都市伝説です。

<やりすぎ都市伝説外伝>

やりすぎ都市伝説2017冬年末SPについて

やりすぎ都市伝説2017秋

放送直前緊急生集会まとめ

やりすぎ都市伝説2017年夏

やりすぎ都市伝説【未回収の情報】

関暁夫氏の都市伝説を簡単解説

フリーメイソ陰謀論を簡単解説

人類火星移住計画を簡単解説

AIによる人類再生化計画を簡単解説

AIとは何かを簡単解説

地球滅亡まで100年説

テレビでの表現

 通常の話し言葉や書き言葉では誤解が生じやすい表現、同じ意味でも違う表現を使い分けることで心象が変わってくる表現など、多くの人が耳で聞くテレビならではの表現方法には実は深い意味があるのです。

事件での表現方法

 例えば、事件のニュースの際、「男」「女」という場合と「男性」「女性」と使い分けられています。

男・女

容疑者の可能性が高い場合

男性・女性

容疑者であるか不確定なとき

 ちなみに、「容疑者」という表現もテレビならではのもので、本来は「被疑者」というのが正解です。なぜ「容疑者」と表現するのかというと、「被疑者」と「被害者」という真逆の意味の言葉の聞き違いを避けるためだそうです。

その他の表現

 他にも様々な表現方法があるのですが、番組で紹介されたものに加え、テレビでは紹介できない表現についてです

わいせつな行為

(合意のうえの)性行為

みだなら行為

(合意のうえの)Bまで

重傷・軽傷

全治1か月を目途に重傷・軽傷を使い分けている

〇〇を強く打って

 大きな欠損があり、原形をとどめていない状態。特定の部位を指す場合は中身が出ている状態。つまり、「全身を強く打って」の場合は、体に大きな欠損があるということ。「頭を強く打って」の場合は、頭の中身が・・・

意識不明の重体

 本当に意識不明の場合もあるのでしょうが、「全身を強く打って、意識不明の重体」という表現であれば、誰の目にも明らかではあるが、医師の死亡確認ができていない状態ということです。

死因は心不全

 心不全の多くは知られたくない死因。とてもプライベートな死因であったという意味とのことです。 

<都市伝説ベストセレクション>

人類滅亡を招く禁断の実験

人類を待ち受ける恐るべき未来

不老不死がもたらす恐怖

スティーブン・ジョブズが最後に遺した物

ジョブズを継ぐ男が描く究極の未来

SNSに載せてはいけないヤバイ写真

宇宙人の正体

悪魔の預言

OKサインの謎

世界的大災害には黒幕がいた

オウム事件に隠された恐るべき計画

凶悪犯罪者に出す心理テスト【最新】

緊急地震速報があの音になった理由

わかると怖いニュースの裏側

こけしの秘密

地名に込められた現代への警告

破られた世界最強セキュリティ

月はゴルゴ13(月は人工物!?)

陰謀渦巻く歴史的大火災

死〇洗いのバイトの真相

天才作曲家に仕掛けられた陰謀

家紋に込められた怨念

アメリカがひた隠す火星の真実

世界一当たる預言者が語る2018年

金正恩の暴走に隠された驚きの真実

北朝鮮の運命を握るあのスーパースター

食卓の野菜に潜む人類滅亡の危機

あの歴史的発明家の裏にいた日本人

スポンサーリンク