αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

やりすぎ都市伝説~人類を待ち受ける恐るべき未来~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20171002162754p:plain

 やりすぎ都市伝説で紹介されたMENSA会員である藤本氏の話をご紹介します。MENSAとはIQ上位2%の人間しか会員になることができない国際グループのことです。

やりすぎ都市伝説次回放送【随時更新】

やりすぎ都市伝説2017年秋まとめ

やりすぎ都市伝説2017秋LINELIVEまとめ

やりすぎ都市伝説2017年夏まとめ

やりすぎ都市伝説【未回収の情報】

関暁夫氏の都市伝説を簡単解説

人類を待ち受ける恐るべき未来

f:id:wumeko:20171002204043p:plain

  コンピューターの進化は大きく分けて2つに分けられます。

 一つは性能の進化。これはAIの進化などにも分かるように、より高い性能へ進化を遂げていくというものです。

 そして、今回問題とされているのが「大きさの進化」です。例えば、コンピューターが開発された当初は、大きな部屋の中に図書館のように機械が並べられていたのですが、性能としては現在の電卓以下でした。時は経ち家庭用コンピューターが出回り始めた1980年代の国が開発補助をするスーパーコンピューターの性能は、現在のスマホより低かったのです。そして、現在のスーパーコンピューターである「京」であっても、数年後には手のひらサイズのコンピューターに性能を凌駕されるといわれています。

小型化の最先端

 小型化の最先端はどうなっているのか。それは「ナノマシーン」といわれる技術です。ナノとは1Mの10億分の1の単位です。もので表現するならば、ラップの厚みが10数マイクロメートルであり、ナノメートルはマイクロメートルの1000分の1です。人間の細胞や細菌はマイクロメートルの世界で生きており、ナノメートルの世界とはウィルスレベルの世界となります。そして、人間の細胞や血液を動力源とするナノマシーンの開発が進められています。

開発の目的

 ナノマシーン開発の目的は、主に医療の為です。特にがん細胞到達までに効果が薄れ副作用もある抗がん剤ですが、抗がん剤をナノマシーンに乗せ、がん細胞の中に到達したときにだけ投薬できれば非常に効果的に治療ができるとして注目されています。また、ナノマシーンを健康な体に投与し、病気が発見されたときのみ治療を行う体内病院のような使い方も考えられています。

ナノマシーンの危険

 ウィルスに対抗するナノマシーンですが、インフルエンザウィルスなど24時間で100万個近くに増殖する相手に対抗するには時間もコストもかかってしまうため、現在考案されているのが自己複製機能を有するナノマシーンなのです。しかし、この自己複製機能でシステムエラーが発生し暴走を始めた場合、その増殖を止められなくなり、人間の細胞を動力源としていれば人間の体は食い破られ、ウィルスと同じように空気感染し、あたかも新種のウィルスのように世界中の生物を数時間で食い尽くしてしまうと懸念されているのです。この問題は「グレイ・グー」問題として危険性が訴えられています。人類を救うはずの技術が、世にも恐ろしい生物兵器に変化してしまう危険性があるのです。

<都市伝説ベストセレクション>

人類滅亡を招く禁断の実験

人類を待ち受ける恐るべき未来

不老不死がもたらす恐怖

スティーブン・ジョブズが最後に遺した物

ジョブズを継ぐ男が描く究極の未来

SNSに載せてはいけないヤバイ写真

宇宙人の正体

悪魔の預言

OKサインの謎

世界的大災害には黒幕がいた

オウム事件に隠された恐るべき計画

凶悪犯罪者に出す心理テスト【最新】

緊急地震速報があの音になった理由

わかると怖いニュースの裏側

こけしの秘密

地名に込められた現代への警告

破られた世界最強セキュリティ

月はゴルゴ13(月は人工物!?)

陰謀渦巻く歴史的大火災

死〇洗いのバイトの真相

天才作曲家に仕掛けられた陰謀

家紋に込められた怨念

アメリカがひた隠す火星の真実

世界一当たる預言者が語る2018年

金正恩の暴走に隠された驚きの真実

北朝鮮の運命を握るあのスーパースター

食卓の野菜に潜む人類滅亡の危機

あの歴史的発明家の裏にいた日本人

スポンサーリンク