αSearchブログ

くだらなく素晴らしい人生に、+αを探すブログ

スポンサーリンク

世界の富の半分を持つのは誰か知っていますか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:wumeko:20180929115524j:plain

  今回は趣向を変えて、ネットで話題になっている事実に基づく都市伝説的な怖い話をご紹介させていただきます。

やりすぎ都市伝説2018夏SP

【随時更新】やりすぎ都市伝説/2018年放送日最新情報

【無料】LINELIVEを見る方法

【最新】やりすぎ都市伝説2018年夏まとめ

【最新】2018年夏「①宇宙と繋がる先住民族アボリジニ」

【最新】2018年夏「②テクノロジーが実現する人工テレパシー」

【最新】2018年夏「③第7感と新たな宇宙創成期」

現在使用しているお金(通貨や紙幣)の発行元は?

 皆さんは世界各国で使用されている「お金」は誰(どこ)が発行していると思いますか? 多くの方は、国営で各国独自の通貨(硬貨や紙幣)を発行していると考えているのではないかと思うのですが、実は違うのです。 なんと、国の通貨を発行しているのは「通貨発行権」を持つ民営の会社(銀行)なのです。 つまり、通貨発行権を民間の銀行が持っている国の国民は、その民間の会社(銀行)に対し、お金を使うためにお金を払っているという意味の分からないことになっています。 もちろん、民間の会社(銀行)とはいっても、表向きはいわゆる中央銀行とされていますが、その株を民間が100%所有しているということなのです。

中央銀行が民間の国はどのくらいあるの?

 各国の中央銀行が国営ではない。といっても数は少ないのでしょう?と思っている人は甘いです。後述しますが、現在、中央銀行が国営で運営されているのは全世界でわずか9カ国しかありません。それ以外の国は全てすでに国営ではなくなっています。 ちなみに日本は半数以上を国が所有しているので、まだ国が中央銀行(日本銀行)の総裁を交代させることがギリギリできる状態ではあります。しかし、今後、民営化の動きが活発になってくるので、注意しておいてください。

世界中の中央銀行は誰が支配しているのか?

 では、世界中の中央銀行を牛耳っているのは誰なのか?という疑問が出てきます。 ここでタイトルの通り「全世界の富の50%は一部の富裕層が所有している」という言葉が出てきます。世界の中央銀行を牛耳っているのが誰なのかについては、ネットで調べればすぐに出てくると思いますので確認してみてください。また、その一族は「やりすぎ都市伝説」でも頻繁に出てきますので、「好きな人」は聞き覚えがあるはずですよ。

中央銀行を国営としている国は?

 世界中の中央銀行が牛耳られる中、中央銀行を守っている国は以下の9カ国です。

アフガニスタン、イラク、リビア、スーダン

パキスタン、イラン、シリア、北朝鮮、キューバ

 上記国名を聞いてピンときませんか??

 そう。どの国も「戦争」というキーワードで繋がりますね。 上記の支配されていない国々はことごとく戦争を仕掛けられる(巻き込まれる)状態となっています。これは偶然でしょうか・・・・ ちなみに日本も完全な支配化にはありません。個人的に気になるのは人工地震の次の標的と時期にまとめてある記事との関連ですね。

民営化の恐怖

 ここまで読み進めていただければ分かるかと思いますが、この「民営化」とは非常に恐ろしいものなのです。国営でやっていた事業が民営化されると、その利益が民営化された会社や株主に流れます。そして、これらは国内の会社ではなく、外国の会社が運営してしまうといったことが多々あります。海外では水道事業の民営化などで、水道料金が高額となり、かつ、サービスも低下するなど大きな影響が出ている国もあります。

日本の事業民営化計画

 日本の民営化計画として、郵政事業はすでに民営化されていますが、次に来るのは「水道事業」です。その他、電力事業や中央銀行などもあるでしょう。 では、民営化されるときに反対すれば良い!と考えている方もいるかもしれませんが、実は水道事業の民営化は審議されましたが、阻止されたという事実をご存知でしょうか? 時期としては、ワールドカップやオウム真理教の教祖朝原死刑囚の死刑執行の時期と重なります。記憶に新しいので思い出せる人も多いでしょうが、この時、テレビで水道事業民営化の話題を聞いた方はいるでしょうか・・・・このような大衆操作方法については、オウム真理教 死刑執行の時期について都市伝説的に考察するで過去にご紹介しています。

<日本の水道民営化議論は、地方自治体が設備維持コストに耐えられないという状況から出てきたが、先行したアメリカの例を見れば、経済合理性のなかで維持コストが利用者に転嫁されることは明らか> 水道の民営化という議論が進んでいます。この民営化を含む「水道法改正案」がすでに2017年に立案され、2018年7月22日に閉会した国会でも審議されました。この国会では成立しなかったのですが、秋の臨時国会で再び審議される見通しだと言われています。

ニューズウィーク日本版 2018年7月26日より一部抜粋

  これらの記事は、ネットでの情報を基にあくまで「都市伝説」として楽しんでいただくことを前提にしています!

都市伝説ベストセレクション

世界の富の半分を持つものは誰なのか?

人世界的名曲に隠されたメッセージ

歴史を動かした暗殺の真相

ホントにあったウソみたいな飛行機事故

マイケル・ジャクソン ムーンウォークに隠された想い

ドラクエが暗示していた未来

スマホに忍び寄る恐怖の罠

ホーキング博士が追い求めた究極の研究

宝塚の歴史を変えた伝説のトップスター

オウム真理教 死刑執行の時期について都市伝説的に考察する

人工地震の次の標的と時期

「火垂るの墓」のポスターに隠された秘密

ディズニーランド入口までの道の隠された仕掛け

人類滅亡を招く禁断の実験

人類を待ち受ける恐るべき未来

不老不死がもたらす恐怖

スティーブン・ジョブズが最後に遺した物

ジョブズを継ぐ男が描く究極の未来

SNSに載せてはいけないヤバイ写真

宇宙人の正体

悪魔の預言

OKサインの謎

世界的大災害には黒幕がいた

オウム事件に隠された恐るべき計画

凶悪犯罪者に出す心理テスト【最新】

緊急地震速報があの音になった理由

わかると怖いニュースの裏側

こけしの秘密

地名に込められた現代への警告

破られた世界最強セキュリティ

月はゴルゴ13(月は人工物!?)

陰謀渦巻く歴史的大火災

死〇洗いのバイトの真相

天才作曲家に仕掛けられた陰謀

家紋に込められた怨念

アメリカがひた隠す火星の真実

世界一当たる預言者が語る2018年

金正恩の暴走に隠された驚きの真実

北朝鮮の運命を握るあのスーパースター

食卓の野菜に潜む人類滅亡の危機

あの歴史的発明家の裏にいた日本人

暗号に秘められた真のメッセージ

日本の祖先はイスラエルにあり(天狗伝説)

日本に届いた宇宙からのメッセージ

芸人成功の法則

スポンサーリンク